アヤナス リニューアル

敏感肌でも攻めのエイジングケアが出来ると口コミで人気が一気に広がったアヤナスですが、実は2016年の11月からリニューアルされています。

 

リニューアルでどこがどう変わったのかを具体的に紹介していきますので参考にしてくださいね。

 

 

▼アヤナス公式HP▼

 

バナー

 

 

 

アヤナスがリニューアル後に変わった3つのポイントについて!

アヤナスがリニューアル後に変わった点は大きく3つあります。

 

まず使い心地、テクスチャーが変わっています。

 

基本のローション、エッセンス、クリームの3アイテム全ての保湿力がアップしています。

 

カサつきがちな大人の女性の肌でも満足出来る、濃密なテクスチャーへとレベルアップされています。

 

香りも変化しています。

 

合成香料を入れない天然植物エキスがもともと配合されていましたが、レベルアップした香りになっています。

 

ストレスにさらされている現代女性のために、よりリラックスしたスキンケアタイムを提供するためにと、香りを高めているのです。

 

ローション、エッセンス、クリームへと段階的に使うことで、より香りが高まる設計になっています。

 

敏感肌特有の肌トラブルへの対応もレベルアップしています。

 

これまでのアヤナスでは、外部刺激から肌を守るためにコラーゲンのみで対応していました。

 

リニューアル後には、さらに心理ストレスによる肌ダメージにも対応しています。

 

紫外線などの外部刺激の影響にプラスして、心理的な影響にも着目した処方へと生まれ変わっているのです。

 

心理的なストレスで自律神経が乱れると血行不良が起こり肌の温度が下がります。

 

これが敏感肌特有の肌トラブルにつながります。

 

リニューアル後のアヤナスではこのストレスへもアプローチできるよう、オリジナル成分を配合しています。

 

さらにリラックス成分のGABAを増やす酵素などもプラスして、ストレスのメカニズムにも対応しています。

 

 

 

パッケージや具体的に成分はどう変わった!?

リニューアル前のパッケージや淡い優しいピンク色だったのが、リニューアル後には鮮やかな赤い色のパッケージになっています。

 

中身も大きくバージョンアップしてカラーリングも大きく変化、さらに名前も変化しています。

 

これまではアヤナスRCローション、アヤナスEVエッセンス、アヤナスASクリームというネーミングでした。

 

それがリニューアル後には、アヤナスローションコンセントレート、アヤナスエッセンスコンセントレート、アヤナスクリームコンセントレートとなっています。

 

どれもコンセントレートがつくのですね。

 

トライアルセットの価格は据え置きなので安心です。

 

では、具体的にローションの主な成分の違いを見てみましょう。

 

リニューアル前には抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kやヒアルロン酸が入っていたのが、リニューアル後には入っていません。

 

その代わりに新成分のジンセンXやローズマリーエキス、パルマリンなどが新しく加わっています。

 

リニューアル後のアヤナスはストレスによる肌荒れにも着目しているため、これらの新しい成分がアプローチしてくれるのです。

 

エッセンスやクリームでも同様に新成分が加わり、中身が大きく変化しているのが分かります。

 

 

 

テクスチャーや使い方などの変化は!?

テクスチャーに関しての口コミでは、やはりとろみが強くなったと感じる方が多いようです。

 

香りに関しては、以前よりも少し香りが感じやすくなったという声が多いです。

 

使い方の変化についてはローションがポンプ式になり、ローション、エッセンス、クリームと全てリフィル対応になっています。

 

これまでリフィル対応ではなかったのですね。

 

ローションはこれまでポンプ式ではなかったので、使用量が100円玉くらいから2から3プッシュくらいが目安となります。

 

リフィル対応になり、より手軽に続けることができるようになっています。

 

 

まとめ

アヤナスのリニューアルの大きなポイントは、心理ストレスによる肌ダメージにもアプローチしている点でしょう。

 

コクやトロミもアップ、香りもさらに高くなりよりアヤナス特有の個性が際立っています。

 

 

▼アヤナス公式HP▼

 

バナー

 

 

ボタン