アヤナス ローション

悩む女性の救世主!アヤナスローション

とろみのあるエキスが特長のアヤナスローションは、口コミでもみずみずしいのに保湿力が凄いと評判です。

 

さまざまな雑誌やメディアでも話題を集めているアヤナスローションは、乾燥肌で悩む女性の救世主となってくれます。

 

アヤナスローションの優れた保湿力の理由や、より効果を高めるための使い方をご紹介しますので参考にしてください。

 

 

▼アヤナス公式HP▼

 

バナー

 

 

 

 

アヤナスローションはこんな人におすすめ!

敏感肌専門ブランドのプレミアムエイジングケアラインのアヤナスのローションは、まさにプレミアムな保湿効果が実感できるアイテムです。

 

ローションといえば、サラッとしたテクスチャーのものが多いですが、アヤナスローションは美容液かと思うようなとろみがあります。

 

濃密なうるおいのあるローションで、肌に乗せるとスピーディに肌になじみそのままスーッと浸透していきます。

 

このとろみ感と肌なじみの良さ、そして浸透力の高さが他のローションにはない大きな特長です。

 

アヤナスローションを初めて使った方は、そのテクスチャーに驚かれることでしょう。

 

とろみのあるエキスが肌内部にグングン浸透していくのが実感でき、夜に使用すれば翌朝にはふっくらとしたハリ肌が実感できます。

 

とろみがありながらもスピーディに肌内部にまで浸透していくので、べたつくこともなく保湿力が高いことも魅力です。

 

これまでにないテクスチャーと保湿力に感動する方がたくさんいます。

 

美容液なみの高い保湿力で敏感肌も根本からケアしてくれて、乾燥小じわや毛穴のたるみにもアプローチしてくれます。

 

敏感肌でいつも肌が揺らぎがちな方や、年齢とともに小じわや毛穴のたるみ、ほうれい線などが目立つようになってきた方におすすめです。

 

また、他の敏感肌専用のスキンケアでは物足りない方にもアヤナスローションはおすすめです。

 

 

 

アヤナスローションには高浸透保湿成分が!

肌なじみや浸透力の良さ、さらに高い保湿力がアヤナスローションの魅力です。

 

このアヤナスローション特有の高い保湿力を実現しているのは、高浸透グリセリンとセラミドナノスフィアという成分です。

 

優秀な保湿成分として知られるグリセリンは、さまざまな化粧水や甘味料として食品に配合されることもあります。

 

もともと水溶性のグリセリンですが、アヤナスローションにはより肌なじみを良いグリセリンが配合されています。

 

油にもなじみやすい性質がプラスされた高浸透グリセリンなので、皮脂ともなじみやすいのです。

 

これがべたつかずみずみずしいテクスチャーを実現しています。
セラミドナノスフィアも高い浸透力がある成分です。

 

人間の肌内部にあるセラミドと同じ構造のヒト型セラミドをさらにナノサイズにし、カプセル化したものがセラミドナノソフィアです。

 

肌内部でカプセルがはじけて、セラミドが乱れバリア機能が低下した敏感肌を修復していきます。

 

セラミドナノソフィア内のセラミドが、肌内部のセラミド配列を整えてくれるのです。

 

肌のバリア機能が高めて保湿効果をサポートします。

 

通常のセラミドの4倍もの浸透力があるセラミドナノソフィアですから、保湿効果もそれだけ凄いのです。

 

 

 

アヤナスローションのおすすめの使い方を紹介!

アヤナスローションの保湿効果をより高めるためには、正しく使うことも大切です。

 

アヤナスローションはプッシュ式で、1回の適量は2から3プッシュです。

 

まずは1プッシュ、手のひらに取りましょう。

 

そうしたら手のひらで温めます。

 

温めることで浸透力がさらにアップします。

 

温めたら手のひらで顔全体を包むようにして、内側から外側に向かってやさしくなじませて行きましょう。

 

さらに1プッシュ手のひらに取ります。

 

同じように顔全体になじませて、頬を包み込むようにしてハンドプレスしましょう。

 

こうすることで保湿効果が高まります。

 

おでこやあご、目元などの乾燥しやすいところは、さらにもう一度部分的に重ねづけをしましょう。

 

ゆっくりと落ちついて、丁寧にローションが浸透するのを感じながら行ってくださいね。

 

何気なくぱしゃぱしゃとつけるよりも、グンと浸透力が良くなります。

 

 

▼アヤナス公式HP▼

 

バナー

 

 

まとめ

アヤナスローションは、乾燥肌、敏感肌で悩む女性にぜひ使って欲しいアイテムです。

 

手軽に試せるトライアルセットにアヤナスローション10日分が入っているので、こちらで試すのがおすすめです。

 

 

ボタン